買って食べるのが普通ということ

ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、買って食べるのが普通ということが続いています。

少し前には考えられなかったことですが、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。

通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、もう、かにが食べたくなったら、わざわざお店に行くこともなくなりかに通販で買うことがほとんどになりました。

蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って年中いつでも獲っていいものではなく、それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、その日になるまでは蟹漁をしないという規制がなされています。

蟹のシーズンに出遅れないようにするため、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だと覚えておきましょう。

かにって本当に美味しいですよね。

自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。

そこでかになら通販で頼むのが断然便利でお得と知り合いに勧められたのを思い出し、申し込んでみました。

冷凍の状態によってはかなり味が落ちることもあるようですが、そんなこともなく、とても美味しかったです。

インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。

その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、一般的ではなかったこともあり、そのような方法で購入したかになんて産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。

とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。

通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。

それが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。

旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きで支払いに応じてしまう人が少なくないようです。

詐欺といえば詐欺なのですが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかとそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。

身に覚えのない代引きが届いときは、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。

産地直送の蟹が美味しい地域として、第一にその名が挙がる漁場といえばなんといっても北海道です。

色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、総合評価でなら、北海道に勝る土地はないと私は思っています。

しかし、そうは言っても、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースも少なくないようです。

かにの通販はおいしいことばかりではないようです。

例として、食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。

リアル店舗で買えば、実際の数がはっきりわかるので、食べきれる量しか買わないのが普通です。

一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、ついつい気前よく注文してしまい、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は通販の中でも、かにではありがちです。

食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、一度焼きがにを召し上がってください。

殻付きのかになら、一番の調理法です。

冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。

半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。

うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイル?活かに?でフリーズした方もたくさんいらっしゃるでしょう。

複数の意見ですが、通販でかにの購入について選ぶ余地があるなら活かにを選びましょう。

ほとんどの通販では、活かになら今は確実に新鮮でおいしいのです。

「紅ズワイガニ?おいしくない」ともっともらしく言われますがそれは言い過ぎでしょう。

記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいと思ったことがないなら本当においしい紅ズワイガニをぜひ食べてください。

本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならみんながおいしさを認めます。

なかなか新鮮なものを食べられないためどうにも誤解されがちです。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにも聞いたことがある高級がにや珍しいかにまで取り揃えてあります。

かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。

誰か助けてと言って丸投げしてしまいましょう。

どう選ぶかは、人任せ、つまりみんなが行くお店が信用でき、みんながおいしいと食べるかにが一番美味しいと言うわけです。

基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。

売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。

人まねは好きでない人向けには自力での修正がカギになります。

北海道のカニの通販ランキングで買い続けるうちに、自分の嗜好にあったかにが思いもかけないお店で見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。